地元リサイクル建材の実態調査 エコはエ~コとだ(福島県)

事業の目的:

リサイクル建材の実態調査を行い、副産物の処理と製品流通の検証

主な事業内容:

日本は、天然資源に恵まれないため原材料の多くを諸外国から輸入し、毎年大量の物資が輸入され消費や輸出されるものを除いた物質が製品や建築物の形で蓄積されています。これらは、いずれ何らかの形で廃棄物として処理・処分されなければならず、廃棄物の処理問題と発生量削減が重要視されてきました。 そこで私たちは建築業界に携わり、日々の生産活動において資源を大量に消費し、沢山の産業廃棄物を生み出していますが、その副産物がどのように処理され、利用されているかを検証しました。

image0024image0041

事業報告シート

fukushima

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン