「地域連携創造支援事業」 三重の木ふれあい「家づくり体験」「木工体験」(三重)

事業の目的
・県産材のPR、次世代の子供達が、ものづくりに興味を持つ事で夢や希望を抱き、創造力や可能性を広げる。・地域の関係団体と協働し、それぞれの団体の特色と存在価値を発揮し、持続可能な地域連携創造型事業を目指し、人材育成に繋げ、新しい地域のリーダーの創出に繋げていく事。

主な事業内容
【遊具作り】
活動内容:木工体験を通じて、木の香り、ぬくもりを感じたり、大工道具の使い方を学び、
親子で創作活動を行う。
【家作り】
活動内容:古い味噌樽(直径約2m)を復元し、子供の遊戯室として再生する。
園児達が、どんな遊戯室が良いかをイメージしながら作成した模型を参考に設計し建設過程を観察したり、実際の作業を親子で行ないながら、ものづくりの楽しさを体験する。

事業報告シート

mie

この記事にコメントする

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン