まちなみタウンウォッチング(第17回)(鹿児島)

事業の目的

これからの次代を担っていく子供たちをはじめ、一般市民が建築と言うものに親しんでもら
えるように、建築士会の青年部が中心になって鹿児島の建築物を見て回る。

主な事業内容

17回目を迎える今回は鹿児島県主催の「住まいと建築展」の開催日に合わせ、より一層市民との関わりを重視した。今までは歴史的な事や地域的な事を重点的に見学してきたが、今回はそこから一歩踏み込み『石倉利用の可能性』に興味を持ってもらおうと、北埠頭周辺の石倉建築を中心に見て回った。資料としては、石倉の説明とリニューアル後の活用方法、現在の石倉活用の状況、周辺地域の歴史などを盛り込んだ。学生の参加が増えた事により、専門的な質問が出たのが印象的だった。

事業報告シート

kagoshima

この記事にコメントする

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン