親子で気持ちのいい家作ろう(秋田)

事業の目的
「気持ち良い家ってどんな家?」・「どのような家に住みたい?」をテーマに、 親子で話し合い、考えを出し合い、ダンボール・布・紙を使用し、家づくりを体験してもらい、家づくりの楽しさを知ってもらう

主な事業内容
仙北支部青年部と県女性委員会との共催事業として、県内8校の小学5年生の児童及び保護者を対象に「気持ちのいい家ってなぁに?」というアンケートを実施したそれでは作ってみようという事になり、横手市の会場で事業の開催に至った。
当日は10組の親子が集い、ダンボール、布、紙等を使用して家づくりの楽しさを体験
してもらった。

事業報告シート

akita

この記事にコメントする

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン