地域と共存した「もの」づくりセミナー(静岡)

事業の目的

建築を志す学生と、実務に携わる建築士との交流、及び、建築関係の学校間を越えた学生同士の交流を図る機会ともなり、継続してゆくことにより、建築デザインへの意識を活性化し、優秀な実務者が育つきっかけになる事を期待して開催しています。

主な事業内容

「学生建築デザイン合同展」とは、建築系の学校と青年建築士の建築系作品を展示する作品展です。
平成18年度は従来から開催していた西部地区、中部地区に加え、三島市で東部地区の学校に新たに参加していただき、3会場での開催となりました。
今年度は「強い構造体を考える」というテーマでワークショップを行いました。東部会場
では素材として生スパゲティを、中部会場では素材として段ボール平板を使用し、学生と青年建築士の交流を試みました。

事業報告シート

shizuoka

この記事にコメントする

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン