小鳥の家の大工さん(みんなで巣箱作り)(岐阜)

事業の目的

岐阜県民に対して基幹産業である林業への理解と、次代を担う子供たちに住まいの形を造る楽しさを感じてもらうことを目的とする。

主な事業内容

自然豊かな県立公園内で行われるイベントブースにて、岐阜県産木材(平成19年度より「ぎふ証明材」としてトレーサビリティーが実践される)の主に間伐材を利用した材料を用い
て、来場親子に巣箱作りを体験してもらう。
子供向けの巣箱はあらかじめ切断加工を施し釘とビスで組み立てを行い、大人向けの巣箱は4寸巾の板材から必要な部材取りを行いのこぎりを用いて組み立てを行った。
巣箱、巣穴の大きさはあらかじめ県立博物館学芸員と数回の協議を重ねた。
一過性のイベントで終わることが無いように、年明けに同園内にて、巣箱造り参加者による設置イベントを開催。同時に博物館主催の野鳥観察会のイベントサポートを行い、単に巣箱を造る、取り付けるイベントにならないよう配慮した。

事業報告シート

gifu

この記事にコメントする

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン