青年建築士による耐震改修促進プロジェクト(秋田県)

事業の目的

近年、日本各地で大地震が発生している。そして、そのほとんどが地震の空白域での発生であり、どこで発生してもおかしくない状況にある。しかしながら、私たちの地域では、地震災害が起こりにくいという概念からか、住民の地震対策に関する意識があまり高くないように感じている。そこで、私たちの地域で過去の地震を調査したところ、秋田沖に地震空白域が存在し、地震が起こる可能性があることがわかった。われわれは、建築士の専門性を活かし、いつ発生するかわからない大地震に備えて、みなさんに耐震化の必要性を感じてもらい、地域の安全安心向上のため、地域貢献として建築物の耐震化を促進させたい。

主な事業内容

・耐震診断モニター事業の実施(新聞広告での募集、現地調査、診断報告)
・行政への提案(要望書の提出)
・産学官連携の実現(耐震改修促進協議会の設立)
・耐震改修促進イベントの開催(自主事業:地域貢献フェスティバル、建築士の日など)
・町内会活動への参加(自主防災学習会)
・教育現場への支援活動(出前授業および家庭訪問型耐震診断の実施)
・地震被災地視察(岩手・宮城内陸地震の現状視察in湯沢市:県南支部との連携)
・住民協働活動(耐震改修促進ワークショップの実施)

事業報告シート akita

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン