静岡県住まい博2009~「バーチャルハウス」(静岡県)

事業目的
毎年開催される一般向け建築展示相談体験会
「静岡県住まい博2009」の体験イベントコーナーで、
建築士会の広報活動の一貫として、幼稚園から小学生向けに、
3cmほどの角材や三角形・家具の円形のつまみなどの
「積み木」を組み合わせて、夢のある家づくりを体験することにより、
家づくり・建築に対する興味を持って貰い、
建築士の建物に関わる重要性の認知と、
将来の建築士の掘り起こしを目的とした。
事業内容
ハウスメーカーや地元建設会社のPRブースや
行政による防災展示・建築士作品パネル展示が並ぶ
会場の一角の体験参加型イベントコーナーで、
昨年一昨年は「バーチャルタウン」と称して「夢のある積み木の街づくり」を行って来たが、
来場者より造ったものを持ち帰りたいとの意見が多く、
今年より敷地単体で積み木の家づくりの体験「バーチャルハウス」に変更をした。
また、作品と共に富士山をバックに家族で写真を撮りまたその写真の展示も行った。
事業報告シート
shizuoka

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン