平成21年度「県産材こどもの城づくり」事業(富山県)

事業目的
保育園・幼稚園園児が、共同で県産材を利用した木製遊具の制作を体験し、
また森とふれ合い、人や環境にやさしい木材の良さを理解することで、
県産材利用の推進を図るとともに、親子間の交流を深めること。
また、青年建築士が単に建物の設計や施工といった視点からではなく、
これからを担う子供達と自分達と同世代の父兄の方々と共に
同じ視点からのものづくり事業を通じ共に学ぶこと。
継続して行うことにより、一般県民へ事業内容や建築士の職能を啓蒙していく。
事業内容
1.県内の藤ノ木幼稚園・双葉保育園にて、園児親子に自分たちが思い描く「夢のおうち」
  を実際に絵として描いていただき、「夢のおうち発表会」にて発表する。
2.青年建築士が、園児たちの「夢のおうち」のデザインを基に遊具の設計を行う。
3.設計図を基に建築士会員の若き大工が、墨付け作業やきざみ作業を行い、製作過程を
  園児親子に理解してもらう。また、園児親子・建築士会会員にて、木材保護塗料を用い
  共同で塗装作業を行い、人や環境にやさしい木材の良さを体験してもらう。
4.園児親子と園職員・建築士会会員との共同による遊具の組み立て作業を行い、
  「ものづくりの楽しさ」や共同作業による連帯感、製作過程を体験してもらう。
5.専門家による「森の見学会」を開催し、県産材の状況や森林林業の大切さを学んでもらう。
事業報告シート
toyama

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン