青年建築士の集い士別大会 (北海道)

事業の目的

北海道建築士会 各支部で行われている事業に全道より集まった青年建築士が事業に参加し、 地域の人たちと交流を図ったり、地域の問題について考えることを目的としている。

主な事業内容

地域交流の中心となるべく、地場産木材を生かし新設された士別市朝日町の糸魚小学校で、青年建築士が地域の子供達と木材・森についてや建築技術(自然エネルギー利用)について学び、木材加工体験を行い交流を図る。

この小学校は、地元のエゾマツ・トドマツをふんだんに活用し集成材による大屋根架構を採用し、自然エネルギー活用によるランニングコスト削減を図った建物で、設計担当者から説明をしてもらい建物を見学し、北海道上川北部森づくりセンターの職員により森についての講習を受け、地元で生産されている折箱づくりを行い交流した。

hokkaido

この記事にコメントする

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン