BIM情報交換会(鳥取県)

事業の目的

前回に続いて、3次元CAD(BIM(ビム:ビルディング・インフォメーション・モデリング))についての情報交換会を行なった。

 

主な事業内容

□BIM意見交換会
1)BIMとは~
建築を形状だけではなく、様々な属性の集合体として仮想空間に建築モデルを構築する手法。
なぜBIMが必要か、最新の世の中の動きや建設会社における、実例を交えながら情報交換を行なった。

2)教育現場におけるBIMへの期待
既に教育の場で普及している実例から、学生の可能性について情報交換を行なった。

3)設計事務所におけるBIMへの期待
我々地方の建築士に一番身近な情報として、どのようにBIMを取り組んでいるかのお話を伺った。また、地方での設計業務における問題点・都市部との業務連携の可能性・新技術の支障等、情報交換を行なった。

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン