カヌー工房inUZUKA  漕ぎ出せ自らの手で~熱くなれ未来の為に~(兵庫県)

事業の目的:

めまぐるしい情報社会の発展と、物質的には豊富な環境下で育つ子供たちは、自らに潜在する無限の可能性(特に五感など)にすら気づかず、挫折や妥協に流されている子供たちが少なくない。物作りのプロ集団と人生経験の豊富な大人たちと関わりあいながら、物作りを通して今後の自らと、今後のふるさとを精力的に模索することを目的とする。また、置き去りにされつつある里山の有効活用と災害対策の両面から、学校林の木材を有意義に利用し、『里山を守る』というスタンスに留まらず、大いに活用し地域の発展のヒントとして一石を投じることを目的とする。

主な事業内容:

今となっては目的を失いつつある学校林の原木を活用し、全長16ftの3艇のカヌー及びパドル(卒業記念として各自1本ずつ(27本))の製作を浜坂支部のメンバーの指導のもと手作りで完成させる(※原木の伐採及び製材は前年度中学校単独事業にて終了)完成後進水式を行った後、一部は公の野外教育センターで有効利用していただき、一部は里山有効活用の証として活動エリア内の公共機関にてオブジェとして展示していただく。

image0017image0035

事業報告シート

hyogo

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン