親と子の都市と建築教室「家をつくろう!2009」 ~ietuku祭り(大阪府)

事業の目的:

個人の生活様式はさまざまな空間をつくり、まちや都市を構成していく。クイズやゲームを通して日常の暮らしが建築やまちにどう関わっているかを考えもらい、それを実際に自分達の手でカタチにすることにより、都市と建築や人と環境の「つながり」を学ぶ。
今年は「つくっておしまい」ではなく、出来上がったまちをつかって皆で面白いイベント=祭りを行う。

主な事業内容:

■ワークショップ 1日目<クイズで家づくりを学び自分が住んでみたい家の模型をつくる>
クイズや模型づくりのデモンストレーションのあと、春・夏・秋・冬4つのグループに分かれて
スケッチと模型づくり。自分の理想の家の模型をつくったあと、家をあつめてどんなまちにした
いのかを各グループ内で相談する。
■ワークショップ 2日目<家をつくろう~模型をもとにダンボールで自分の家をつくる>
1日目につくった模型をベースに、ダンボールや色々な材料を使いながら理想の家をつくる。
■ワークショップ 3日目<みんなで力をあわせてまちを完成させる>
2日目に完成した家と家とをつないでグループの特徴にあったまちづくり。まちに必要なものを
グループごと話し合って、グループ全員で1つのまちを完成させる。最後にみんなで各グループ
内に隠された「秘密のキーワード」を宝探しして、まちのコンセプトを当てっこする。

image0028image0042

事業報告シート

osaka

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン