第9回おかしなお菓子な家づくりコンテスト(石川県)

事業の目的:

未来の建築士を目指してもらう様に身近なお菓子を使ったものづくり体験を通しての建築の楽しさを伝えることが目的。

主な事業内容:

石川高専公開講座の一環として県内(今年は富山県からも参加)に案内を行っている。身近なお菓子を使って、実際の建物が建てられる過程を楽しく疑似体験できる。どのような家をつくるかという設計の作業から、確認申請、中間検査、完了検査、登記簿登録など建物を造るプロセスの中でどのように建築士がかかわっていくかを知ってもらう。完成した各チームの作品を最後に並べて街並みをつくる。各敷地に対して「まちなみ条例」を設け、地域の景観にもまなんでもらう。各チームには高専の建築学科の学生スタッフも参加し、小中学生と共に高専生とも交流を図り建築の魅力をアピールする。

image0015image0032

事業報告シート
ishikawa

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン